イベント

イベント開催レポート

HLAB×シュワルツマン・スカラーズ 開催レポート

2019年5月18日にHLAB×シュワルツマン・スカラーズとのイベントを開催いたしました。合計で100名近くの学生が集まり、スカラーを交えたパネルディスカッションと懇親会が盛況の中終わりました。

テーマ:「留学におけるコミュニティの意義を考える」

シュワルツマン・スカラーズは、21世紀の地政学的なニーズに応えるべく設立された初の奨学金で、中国と世界の架け橋となる若手リーダーの育成を目的としています。

人的交流の「ハブ」としてのコミュニティであるHLAB。HLABアラムナイが今年初めて奨学生として選出されたことに加えて、昨年に引き続き今年もシュワルツマン・スカラーズと共催でセッションを行い、さらに世界と日本の「ハブ」としての可能性を広げる機会となりました。

日本人スカラーのパネリストは、シュワルツマンスカラーズ(コミュニティ)や留学生活に対してこのように期待しています。

中国の社会・政治構造がユニークなために、日本企業が中国でビジネスを発展していくことは簡単ではないと思っています。そのため私はスカラーとして中国で生活して学ぶことで、日本と中国の架け橋(=ハブ)となることを期待しています。

スカラーとしてオファーをもらってから、大学がいろんなアラムナイと引き会わせてくれたり、リユニオンパーティに招待してくれたりしたんです。まだ大学には所属していないのに、すごくコミュニティの一員のように受け入れてくれることに嬉しくなりました。そこで会う人は素晴らしい人たちばかりで、これからの留学生活が今から楽しみです。

詳細なイベントレポートは、後日noteにて公開予定です。

《シュワルツマン・スカラーズについて》

シュワルツマン・スカラーズは、世界的な名声を有するローズ奨学金(オックスフォード大)をモデルに、アジア・ヨーロッパ・アメリカをはじめ、政治や経済、国際関係の分野で世界のリーダーを育成することを目的として、清華大学(北京)に設立された1年間の全額奨学金付きの修士プログラムです。日本人奨学生は2019年5月時点で5名ほど選出されています。

HLABのプログラムに参加する

HLABが提供するプログラムはこちらからご覧いただけます。
コミュニティでの共同生活を通じて互いに学びあえる充実したプログラムを提供しております。是非ご応募ください。

リーダーシップ・プログラム
参加者募集中