下北沢に
レジデンシャル・カレッジを
開校します

小田急電鉄とUDSと協働で
「SHIMOKITA COLLEGE」をオープン

ゼロから
レジデンシャル・カレッジを
企画する初の試み

HLABは、小田急電鉄株式会社が開発を推進する「下北線路街」において、小田急電鉄とUDS株式会社と協働し、多様性豊かな高校生・大学生・若手社会人が寝食を共にする中で互いに学び合い、新たな教育的価値をもたらす学生寮として、「SHIMOKITA COLLEGE」を2020年12月に開業します。

HLABは、今までのサマースクール事業やレジデンシャル・カレッジ事業の集大成として、HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムを開発し、初めて実装する教育機関を開業します。

下北沢のまちをキャンパスとして活用しながら、高校生・大学生・若手社会人の多様性豊かな環境下で、生活の中で互いから学び合う場を創出します。

学びのカギは
「ピア・メンターシップ」

HLABは「居住型教育施設」を企画するにあたり、ピア・メンターシップを根幹に位置づけます。
ピア・メンターシップは、HLABのプログラムでもっとも大切にしていることであり、
HLABの場で生まれる学びは、ピア・メンターシップの土台があるから成り立っています。

ピア・メンターシップとは

ピア・メンターシップとは、身近なロールモデルである「ピア」からお互いに刺激を受け、学び合うことです。自分の「当たり前」から一歩踏み出すことを後押ししてくれるのは、テレビに出ているスーパースターなどよりも、一歩先を歩く先輩や様々な環境から集まる同期といった「ちょっとしか歳の違わないお兄さん・お姉さん」なのです。

ともに生活することで生まれる偶発性

「レジデンシャル・カレッジ」では、高校生・大学生・社会人から成る多様な他者と一緒に生活をします。共に生活をする中で偶発的に生まれる出会いや些細な会話こそが、ピア・メンターシップの呼び水となります。まさに、偶発的な気づきや学びが自然と生まれる「居住型教育施設」は格好のピア・メンターシップ実現の場だということができるでしょう。

多様性豊かな東京だからこそ
深まる学び

高校・大学を始め多様な教育機関や、美術館などの文化施設、そして多くの企業が集まる東京は、学問・芸術・ビジネスのハブとして、とても多様性豊かなで、ピア・メンターシップの可能性に満ちた都市です。特に下北沢地域は、都内広範にアクセスが良く、多様な学校や職場に所属している人が住みやすいことから、より豊かなピア・メンターシップが実現できる絶好のまちです。

HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムの
教育的価値

偶発的な学びが生まれる仕組み
学びの場として一番重要な「交流や学び合いが自然に生まれる文化」を育む仕組みを空間やプログラムに組み込まれています。食堂やラウンジをはじめとする共有スペースが各フロアにあり、自由に使うことができます。また、社会の第一線で活躍する人がアサインされるメンター制度をはじめ、キャリアや研究について相談ができるオフィスアワーなど、交流を通して学びが深まる仕組みをどんどん活用することができます。
多様性豊かなコミュニティ
カレッジは、大切にする価値観を共有している、分野や背景が多様なメンバーが交流するコミュニティです。学び豊かなコミュニティにするために、文化にマッチするかの観点と、一人ひとりの分野や背景の多様性の観点から選考を実施します。また、実際に居住している人だけではなく、カレッジ生の相談に乗ったり共に学んだりする人を「フェロー」として迎え、それぞれの人がロールモデルを見つけられるような仕組みになっています。
学びやキャリアへのサポート
カレッジでは、一人ひとりの学びやキャリアに合わせたサポートが行われます。個々人の興味関心に合わせて、ロールモデルとなるフェローとの面談の機会が作られます。また、リーダーシップの発達をサポートするプログラムや、リベラル・アーツのセミナーなどアカデミックな学びを深める機会、地域と連携したプロジェクトを通した学びの機会が用意されていて、希望者は自分の学びたいことに沿って好きなものを受けることができます。

レジデンシャル・カレッジ事業とは何か

この度の「居住型教育施設」では、HLABが展開してきたレジデンシャル・カレッジ事業の知見や、HLABが創業以来取り組んできたサマースクール事業の卒業生1600名を超えるコミュニティが最大限活用されます。レジデンシャル・カレッジの基盤は、背景の違うものが互いから学び合う「ピア・メンターシップ」と、学際的な内容を互いに学び合い深め合う「リベラルアーツ」です。

これらの土台の上に、日々の共同生活から学び合いが生まれるためのカレッジ運営や対話の仕組み構築、居住者に向けた教育プログラムの設計・実施、コミュニティマネジメントを総合することで、居住者の主体性が育まれる学びの場を創出します。HLABは、2016年には「THE HOUSE by HLAB」の運営を開始し、2018年3月開業の学生レジデンス「NODE GROWTH湘南台」のプログラム設計や、山梨学院大学の国際寮の設立を協働しました。

学びのプログラム

シモキタ・イマーシブ

下北沢の地域を舞台にして、定期的に開催されるワークショップを通じて、ファシリテーションスキルなどのマネジメント/課題解決能力を身につけた上で、個々人の探究型プロジェクトを実施します。

自らの興味と地域の課題の交差点で、HLABのメンターとのサポートを受けながら、主体的にプロジェクトを運営することで、ビジネス、課題解決、芸術、学術などの分野でそれぞれのカレッジ生が自らの探究を深めます。

カレッジ委員会

すべてのカレッジ・コミュニティのメンバーはカレッジ委員会(Co-Co)に所属し、ソーシャル・イベントを企画したり、ライブラリーやキッチンなどの共有施設の管理、新たな学生を迎えるためのキックオフや、HLABカンバセーション、カレッジにおけるアクティビティなどを共に企画・運営していきます。

リベラルアーツ・プログラム

カレッジ生同士が、それぞれの学校・大学で得た知識や自分のアカデミックな興味を周囲と共有するセミナーを核とするプログラムです。

ほかにも、外部からゲストをお迎えして実施するフォーラムや地域の文化施設などと協働するなかで生まれてくる学びの場など、HLABのデザインした仕掛けを通じて、カレッジ生はリベラルアーツを体感することができます。日本の教育機関ではまだ難しい、分野横断的に知的好奇心を発揮し、思いがけない興味を発掘することのできる、またとない機会です。

HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラム説明会

2021年4月からSHIMOKITA COLLEGEに入学する1期生の募集を行っております。

1期生募集は3回に分けて募集します。
早く出していただければその分選考のタイミングが早くなりますので、入学をすでにご決断されている方や、ご検討されている方はお早目のご応募をおすすめします!

1期生の募集にあたり、本プログラムの詳細や、SHIMOKITA COLLEGEの概要、学費、選考方法についての説明会を開催します。興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

開催方法 オンライン
  • Zoomを使用して実施します。
    • ※緊急事態宣言解除後、状況次第ではSHIMOKITA COLLEGEでの説明会を開催する可能性があります。
参加費 無料
所要時間 1時間程度(予定)
対象 2021年4月にSHIMOKITA COLLEGEへの入学をご検討されている方。 ※大学生・大学院生・社会人がプログラムの対象となります。
内容

レジデンシャル・プログラムの募集要項、プログラム内容、SHIMOKITA COLLEGEの館内について詳しくお伝えします。また質疑応答の時間も設けさせていただきます。

定員 なし
申込み方法 下記のボタンより、申し込みページをご覧ください。

募集要項

HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムとは

 HLABは創業から10年間にわたってサマースクールの実践経験や柳井正財団海外留学奨学金制度の運営などを通して「身近なちがいを学びに変える」ためのプログラムやコミュニティづくりの実践と蓄積をしてきました。HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムは今までの知見を最大限につめ込んだ、共同生活を学びの中心に据えた新しいプログラムです。

 SHIMOKITA COLLEGE(シモキタカレッジ)は、HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムが実装される初めてのカレッジです。2年間の全寮制のプログラムとなり、第1期は2021年4月から2023年3月まで、SHIMOKITA COLLEGEに居住しながらプログラムに参加します。

 HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムは、ともに暮らすことから学びが生起するように、以下のような特徴を有しています。

(1)偶発的な学びが生まれる仕組み

 学びの場として一番重要な「交流や学び合いが自然に生まれる文化」を育む仕組みを空間やプログラムに組み込まれています。食堂やラウンジをはじめとする共有スペースが各フロアにあり、自由に使うことができます。カレッジが開催するイベントだけではなく、カレッジ生によるイベントも開催されます。また、社会の第一線で活躍する人がアサインされるメンター制度をはじめ、キャリアや研究について相談ができるオフィスアワーなど、交流を通して学びが深まる仕組みをどんどん活用することができます。

(2)多様性豊かなコミュニティ

 カレッジは、大切にする価値観を共有している、分野や背景が多様なメンバーが交流するコミュニティです。学び豊かなコミュニティにするために、文化にマッチするかの観点と、一人ひとりの分野や背景の多様性の観点から選考を実施します。また、実際に居住している人だけではなく、カレッジ生の相談に乗ったり共に学んだりする人を「フェロー」として迎え、それぞれの人がロールモデルを見つけられるような仕組みになっています。

(3)学びやキャリア、成長へのサポート

 カレッジでは、一人ひとりの学びやキャリアに合わせたサポートが行われます。個々人の興味関心に合わせて、ロールモデルとなるフェローとの面談の機会が作られます。また、リーダーシップの発達をサポートするプログラムや、リベラル・アーツのセミナーなどアカデミックな学びを深める機会、地域と連携したプロジェクトを通した学びの機会が用意されていて、希望者は自分の学びたいことに沿って好きなものを受けることができます。

ミッション

HLABカレッジ・レジデンシャル・プログラムは、以下の教育目標を掲げ、世界に違いをもたらすリーダーを育てます。

  1. 多様性の中での共創力
    身近な違いを尊重し、自身の学びと成長に変え、チームの力に昇華することができるリーダーとなる。
  2. 楽しみ学びを続ける姿勢
    分野を跨いだ知的好奇心と情熱を持ち、一生学び続けるリーダーとなる。
  3. パブリック・マインド
    自分の領分を越えた関心を持ち、世のため人のために行動し続ける、変革的リーダーとなる。
教育プログラムについて

HLABレジデンシャル・カレッジ・プログラムにはリベラルアーツ・プログラム、コミュニティ・プログラム、イマーシブ・プログラムという3つのプログラムの柱があり、カレッジ生はこれらを体験します。生活の中でそれぞれでの学びが入り交じることで、居住型教育ならではの総合的な体験となります。
※以下が現時点版のプログラムの詳細です。

(1)リベラルアーツ・プログラム

アカデミック・アドバイジングの仕組みを通じて、カレッジ内外の学びのデザインを行うほか、カレッジ生同士が、それぞれの学校・大学で得た知識や自分のアカデミックな興味を周囲と共有するセミナーを核とするプログラムです。カレッジ生が自分自身のセミナーを設計し、教える中でアカデミックな学びについて考え、大学での学びにも新たな視点を持つことができるようになります。

ほかにも、外部からゲストをお迎えして実施するフォーラムや地域の文化施設などと協働する中で生まれてくる学びの場など、HLABのデザインした仕掛けを通じて、カレッジ生はリベラルアーツを体感することができます。日本の教育機関ではまだ難しい、分野横断的に知的好奇心を発揮し、思いがけない興味を発掘することのできる、またとない機会です。

(2)コミュニティ・プログラム

全体で130人のカレッジ生が生活するレジデンシャル・カレッジでは、生活の単位、学び合いの単位として「ハウス制度」があります。これは「生活 × 学び合い」を実現するための工夫であり、世代を越えた交流を促すための仕組みです。また、気軽に相談し合える、家族のような存在でもあります。自らの学びについて振り返る「リフレクション」をこの単位で実践し、生活の中でお互いの学びを深め合います。

また、学生が自分の生活するハウスでリーダーシップを発揮する中で信頼関係の構築方法や、チームマネジメントを身に着けていきます。あるいは、自発的にイベントを企画するなどの自主運営を通じ、カレッジの文化をカレッジ生自身の手でつくり上げることを体験します。

(3)イマーシブ・プログラム

キャリアについてアドバイザーと会話する機会を定期的にもったり、ワークショップを体験したりする中で、自らの人生選択について考えるプログラムです。カレッジ生同士でのコーチング(ピア・トゥ・ピア・コーチング)などを通じ、自らに迫る選択、歩みたい人生についての思索を深めます。

また、課題解決に焦点を当てたプログラムでは、自分の生活の中での課題や学校・仕事の中で感じている小さな疑問や違和感、問題意識からプロジェクトを立ち上げます。並行して、課題解決に必要な能力をワークショップ形式で学びます。その後、自らの興味と地域の課題の交差点で、主体的にプロジェクトを運営することで、獲得したスキルを実践に基づいた経験で裏打ちすることができます。

(4)キャップストーン・プロジェクト

カレッジ生は2年目に、卒業のためのキャップストーンとしてプロジェクトを立ち上げます。HLABのメンターのサポートを受けながら、ビジネス、課題解決、芸術、学術などの分野でそれぞれのカレッジ生が自らの探究を深めます。

アドミッションポリシー

(1)募集対象

 2021年4月から SHIMOKITA COLLEGE に入学する1期生を対象とした募集となります。

(2)応募の条件

以下の条件を満たすことが応募の条件となります。
※応募条件は、一部変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 2021年4月から2023年3月まで SHIMOKITA COLLEGE に居住できる者
  • 2021年4月1日時点で、文部科学省が定める大学入学資格を満たしている、ないしは満たす見込みがあるもの
  • 2月選考は進路が確定している新大学1年生、新大学2年生以上のすべての大学生・大学院生と社会人の応募を受け付けます
  • 3月選考は新大学1年生のみ応募を受け付けます

(3)求められるコミットメント

 第1期生としてカレッジの文化作りの担い手になっていただく観点で、以下のコミットメントをお願いしています。

  • 企画されるプログラム(平均して週2回、延べ6時間程度)への参加
  • 率先してカレッジの文化づくりに参加すること

(4)募集人数

 40名程度(3回の募集の合計)

(5)選考方法

 書類による選考を行なった後、面接を行い、入学者を決定します。

(6)選考日程

 本募集では、大学受験などのスケジュールを鑑み、3回に分けて募集します。

12月選考(募集は終了しました)
  • 募集開始
    • 2020年11月25日(水) 
  • 募集締め切り
    • 2020年12月13日(日) 23時59分
  • 書類合否発表・面接日時発表
    • 2020年12月16日 (水)
  • 面接選考
    • 2021年12月19日(土)ひとりあたり最大60分程度
  • 最終合否発表
    • 2020年12月21日 (月)
2月選考
  • 応募対象者
    • 進路が確定している新大学1年生、また新大学2年生以上(社会人含む)
  • 募集開始
    • 2021年1月25日(月) 0時00分
  • 募集締め切り
    • 2021年2月14日(日) 23時59分
  • 書類合否発表・面接日時発表
    • 2021年2月17日(水) 
  • 面接選考
    • 2021年2月20日(土)ひとりあたり最大60分程度
  • 最終合否発表
    • 2021年2月22日 (月)
3月選考(予定)
  • 応募対象者
    • 新大学1年生
  • 募集開始
    • 2021年2月22日(月) 0時00分
  • 募集締め切り
    • 2021年3月1日 (月)23時59分
  • 書類合否発表
    • 2021年3月4日 (木)
  • 面接選考
    • 2021年3月14日(日)ひとりあたり最大60分程度
  • 最終合否発表
    • 2021年3月15日 (月)

正式な募集要項はこちらからダウンロードしてご覧ください。

リモートキャンパスプログラム(海外大学在学生向け)へのご参加をご検討の方は、
こちらの募集要項をご覧ください。

 

事前登録

本プログラムは、大学生・若手社会人・高校生を対象としたものです。
※高校生向けのプログラムは2021年9月以降からの開始を予定しております。
プログラムの詳細については、公式LINEアカウントとメールにて定期的にご報告させていただきます。

お問い合わせ

説明会への参加やカレッジへのご入学をご検討されている方で、
ご質問やご相談などございましたら、下記のメールアドレスまでご連絡ください。

担当:木口
メールアドレス:admission@h-lab.co

報道関係者および教育関係者のみなさまでご興味のある方は、担当までメールにてお問い合わせください。

担当:河合
メールアドレス:contact@h-lab.co

リーダーシップ・プログラム参加者募集中