お知らせ

プレスリリースメディア掲載

「Forbes 30 Under 30 Asia」に代表小林が選出

HLAB, inc. は、日本時間42日にForbesが発表した「Forbes 30 Under 30 Asia」のSocial Entrepreneurs部門において、代表取締役・代表理事の小林亮介が選出されたことをお知らせいたします。

HLABを当初よりご支援下さった企業や自治体の皆様、サマースクール等を一緒に創りあげた学生の皆さん、その他たくさんの仲間と創り上げたコミュニティとしてのHLABが受賞したものと思います。

Forbes掲載URLhttps://www.forbes.com/profile/ryosuke-kobayashi


経歴

小林 亮介(こばやし りょうすけ)
HLAB
代表。1991年東京都生まれ。桐朋高校、1年間の交換留学を経て、20094月に一橋大学、9月にハーバード大学に入学。2011年に高校・大学生対象の教育事業HLABを立ち上げ、14年に法人化し代表。奨学金の設立や教育寮の企画運営に取り組む。2014年三極委員会のロックフェラー・フェローにアジア太平洋地域を代表して選出、世界経済フォーラム(ダボス会議)傘下のグローバル・シェーパーズ・コミュニティのメンバー。大学在学中は政治・経済学を修める。

Forbes 30 Under 30 Asiaとは

年に1回開催される、アジア太平洋地域における30歳未満の起業家・革新者などの人材を選出するForbesの企画です。各分野で活躍する人材が選出され、4回目の開催となる本年は、23ヵ国地域2,000名以上の応募から10部門300名が選出されました。

Forbes URLhttps://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/

HLABについて

HLABは、住環境を通じた「ピア・メンターシップ」(お互いからの学び)の機会を創出に取り組んでいます。既存の学問的コンテンツによる学びだけではなく、「人」から学び、「ピア」から刺激を受けて学び続けるための革新的な体験や空間、そしてコミュニティを設計しています。寮生活の再現として、2011年よりサマースクール事業を開始し、毎年全国4箇所で開催し、のべ2,500名以上の高校生・大学生が参加しました。2016年から長期的な居住を目的としたレジデンシャル・カレッジ(教育寮)事業を開始し、東京都や神奈川県にて寮を運営・設計しています。

HLABのプログラムに参加する

HLABが提供するプログラムはこちらからご覧いただけます。
コミュニティでの共同生活を通じて互いに学びあえる充実したプログラムを提供しております。是非ご応募ください。

HLABのnoteはこちら