お知らせ

HLABプレスリリース

【ニュースリリース】経産省2021年度「未来の教室」STEAMライブラリー事業者に採択

HLAB、高校生向け映像教材を作成し、STEAM Libraryへ提供

株式会社エイチラボ(本社・東京都世田谷区、代表取締役社長・小林亮介、以下HLAB)は、2021年度『経済産業省「未来の教室」STEAMライブラリー事業』事業者に採択され、2つのテーマに関する教材を提供します。高校生を対象とした映像やワークシートを組み合わせた教材で、授業に使用したり、個人での探究学習に利用したりすることで、HLABの重視するリベラルアーツの一端を学べるものです。

HLABがサマースクールで培ってきたリベラルアーツセミナーの設計の知見を活用し、リベラルアーツと学びあいの促進を目的に今回STEAM Libraryへ教材提供します。

詳細につきましては、PR Timesより配信したプレスリリースをご覧ください。

HLAB、未来の教室に採択

HLABは共に学び合える場をつくる仲間を募集しています!

経産省や大手企業とのパートナーシップ連携が続き、事業規模が拡大しており、HLABでは現在、未来の教育を共に創る仲間となってくれる方を募集しています!詳しくはコーポレートサイトをご覧ください。
https://corp.h-lab.co/career/

経産省STEAMライブラリーについて

STEAM教育の重要性が叫ばれる昨今、高校では2022年度から「総合探究」「理数探究」「公共」などの教科がスタートします。また小中学校でも、探究的な学びの強化が予定されています。こういった動きに合わせて経済産業省が開発しているのが、授業にも個人探究にも使えるデジタル教材集「STEAMライブラリー」です。従来の枠組みに捕らわれない学際的、統合的な社会問題や生徒たちの身近なテーマも対象となっているものです。
STEAMライブラリーは主教材(動画など)と補助教材で構成されます。実際の学習指導要領と紐づけ、指導案の掲載など授業で扱いやすい教材として作成。コンテンツはオンラインで掲載、配信が行われます。AI、エネルギー、モビリティなどの社会的テーマやSDGsなどにも関連付けられた内容になっており、民間事業者だけでなく高校や大学、研究機関などが連携してコンテンツ開発が行われています。
HLABも2つのテーマでコンテンツを提供し、探求的な授業の普及にも貢献して参ります。

HLABのプログラムに参加する

HLABが提供するプログラムはこちらからご覧いただけます。
コミュニティでの共同生活を通じて互いに学びあえる充実したプログラムを提供しております。是非ご応募ください。

SHIMOKITA COLLEGE
入学者募集中