運営メンバーとして関わる

新たな教育の価値観を実現するHLABという団体を、共に作り上げていく仲間を募集しています。
下記の概要と応募要項をお読みになった上で、ご応募いただければ幸いです。
人生の転機となる最高の一年間を、最高の仲間と一緒に創りませんか。皆様のご応募お待ちしております。

概要

「ボーダーを超えたリベラルアーツ教育を高校生に」というコンセプトのもと、2011 年に設立された団体です。 私たちの問題意識は、高校段階での「選択の多様性を狭めるコミュニティの閉鎖性」にあります。自らの通う学校や塾以外の環境との接点が少ないことが原因で、私たちは限られた情報や先入観、社会通念に頼った選択をしてしまっているのではないでしょうか。

海外大に進学するなんて選択肢があるなんて知らなかった、高校のときに知っていればそんな進路を歩んでいたかもしれないのに。
本当に興味がある学問を見つけられないままなんとなく周りの人と同じ大学を選んでしまったために、学びの意義や面白さを熱意を持って語ることができない。

そんな後悔を現在の高校生にはしてほしくない、そんな思いで、私たちHLABでは大学生の後悔や経験を次世代に還元し、大学での学問と高校教育の間にある大きなギャップを埋めるべくサマースクールを始めとした様々な活動を行います。 その軸として、多様なバックグラウンドをもつ大学生が主体となって行うリベラルアーツ教育と、大学生や他の高校生といった年の近い者同士が互いに刺激し合うピアメンターシップの 2つを大切にします。この2つの価値観の重要性を社会に発信し、より良い社会を作るべくHLABは存在しています。

サマースクール
HLABの根幹をなす価値観である、リベラルアーツ教育とピアメンターシップの価値観を広めるべく行っているプログラムであるサマースクールは、高校生が海外大学生や日本人大学生、社会人、そして他校の高校生と交流できる機会として、6泊7日間ないし8泊9日間を2011年より毎年8月に開催されています。2016年現在東京、徳島、東北(女川町)、長野(小布施町)の4箇所で行っており、それぞれ参加者は50~80名ほどです。

様々なプログラムによって構成されており、これまでには社会で活躍する著名人を呼び講演していただくフォーラムや、海外大学生講師1人に対して高校生4人程度の少人数制で英語で行われるアカデミックなセミナーなどを開催してきました。(過去にHLAB東京で公演いただいた方のリストはこちらをご参照ください。)

サマースクールの開催地域は年によって異なりますが、2017年は下記の4地域において実施いたしました。

東京

2011年に第1回目が開催されて以来6年目となるHLABの旗艦プログラムです。鳳明館という文京区本郷にある和風旅館に宿泊し、講演会では六本木や乃木坂にある一流の施設を利用します。東京という多様性に溢れた街で、社会の第一線で活躍する社会人の方を多く迎え、全地域の中でも最大の規模で開催されるのが、東京のサマースクールです。
HLAB TOKYO HP: http://tokyo.h-lab.co

小布施

人口1万人ながら年間200万人もの観光客を魅了し、全国の若者が地方の未来を語る「小布施若者会議」等の先駆的な挑戦を続ける小布施は、「うち」と「そと」の交流を大切にしています。そんな小布施の魅力は、「人」です。多方面で活躍される町民の方々と、町に新しい風を吹き込む「よそ者」の存在。魅力溢れる小布施人と「あたりまえ」から踏み出す夏を作りませんか。
HLAB OBUSE HP: http://obuse.h-lab.co

徳島

大海原に面した徳島県牟岐町で開催されるサマースクールを作り上げるのは、牟岐を囲む大自然、阿波踊りに代表される徳島が育んできた文化、おもてなし心溢れる牟岐の方々、そして県内外から集う様々な人々。高校生だけでなく大学生の皆さんも「本物の自分」に出会えることでしょう。祭りの熱気と穏やかな波音に包まれながら、新しい世界へ飛び込んでみませんか。
HLAB TOKUSHIMA HP: http://tokushima.h-lab.co/

女川

2015年に初めての開催となりました。舞台は東北。青い海と豊かな自然、そして古くから伝統が残る町として有名な宮城県女川町。この新天地で、未知の空気を共に吸いながら、挑戦し、教育の面から東北を盛り上げていく意欲に溢れる仲間を募集しています。
HLAB TOHOKU HP: http://tohoku.h-lab.co

運営メンバーとは?

運営メンバーとは、HLAB の各地域サマースクールの企画・運営を行う役職のことです。週に 1 回の定例ミーティングや、その他必要に応じて担当別のミーティングや自宅作業が仕事内容の中心になります。仕事量は、時期によっても前後しますが、概ね週あたり 10 - 20 時間前後です。責任も負担も重いですが、プログラムが終わった後の達成感は大きく、期間終了後に高校生との交流も長く続きます。HLAB の中心として充実した半年を過ごし、高校生のためを一番に考えながら準備に 励み、自身を成長させたい方は、ぜひ運営メンバーにご応募ください。

カレンダー

EXECUTIVE COMMITTEE
SEMINAR LEADERS

EXECUTIVE COMMITTEE

応募要項

● HLAB 2018 運営メンバーを募集しています

HLABへ関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。
この度、新たな教育の価値を提供するHLABという団体を、共に作り上げていく仲間を募集いたします。下記の募集要項をお読みになった上で、ご応募いただければ幸いです。
人生の転機となる最高の一年間を、最高の仲間と一緒に創りませんか。皆様のご応募お待ちしております。

HLAB 2018 学生ボード一同

■ 求められる姿勢
相互メンター意識:誰からも学び、誰に対しても教える
思慮深さ:自身や周囲について深く考える
自主独立:自分から行動する
チームワーク:協同で作業する
■ 任期
2018年3月〜2018年12月
■ 年間スケジュール
3月:研修期間

3月上旬に、長野県で3泊4日のキックオフキャンプを行います。社会人の方と業務を行う上で必要なメールの作法や、ロジカルシンキングなどのスキル、教育の抱える問題の構造化といったような、プログラムにおいて必要とされる知識をインプットしながら、イベントの企画運営を通してメンターとしての意識を身につけていきます。社会で活躍されている豪華な講師陣をお招きする予定です。

4月~7月:サマースクールの企画・準備期間

8月に開催されるサマースクールに向けて、コンテンツの企画、招待する社会人ゲストの調整、高校生の参加者募集など様々な業務を行います。研修期間に得たスキルや考え方・知見をフルに活用し、サマースクールを作り上げていく期間です。

8月:サマースクール開催

高校生を対象としたサマースクールの企画・運営を行います。HLABの掲げるピアメンターシップの実践を体感し、自らの学びを伝えると同時に、高校生や社会人の方々から様々なことを学ぶことができる期間です。

9月~12月:事業構想期間

サマースクールでの学び・反省を受けて、今後HLABとして何をしていくべきか、理念ベースで見直し、来年度の運営につなげるための期間です。

任期以降の多様な関わり方

各種のイベント(過去参加者限定の交流会やカンファレンス等)を通じ、1000人以上の「卒業生」を擁するHLABコミュニティを活用していくことができます。

■ 求められるコミットメント
  • 下記のイベントへの参加(欠席等は応相談) ※日程は2017年12月1日時点での暫定であり、変更する可能性があります。
    • キックオフ合宿:3月9日(金)~12日(月)
    • 高校生説明会:5月上旬~6月上旬
    • 研修:4月22日(日)、6月中旬、6月30日(土)~7月1日(日)、7月15日(日)
    • サマースクール:8月11日(土)~8月23日(木)
    • リフレクション合宿:9月15日(土)~16日(日)
    • 総会:12月下旬
  • 週一回、都内(東急東横線中目黒駅周辺)でのミーティングへの参加 ※応相談・遠隔(Skype)参加可
  • サマースクール準備のために、いつでもメールでの連絡が取れること
■ 活動地域

2017年度は、サマースクールを以下の4箇所で実施いたしました。

  • 宮城県牡鹿郡女川町
  • 東京都文京区
  • 長野県小布施町
  • 徳島県海部郡牟岐町

今年度も12月1日現在、同地域での開催を予定はしておりますが、今後の状況次第での変更可能性があることをご了承下さい。 なお、運営大学生は各地域に紐づく形で配属されるため、2017年度の地域での希望で仮受付いたします。

全体研修(キックオフイベントを除く)、定例ミーティング、年次総会などは基本的に東京都内で行います。
※Skype等を利用した遠隔参加が可能です。

■ 募集人数
90名程度(2017年12月1日現在の予定)
■ 参加費

団体参加費は無料です。活動にかかる宿泊費、食費等の経費は原則自己負担して頂きます(弊団体規定に基づき一部補助いたします)。

■ 応募資格

2018年4月から12月にかけて、大学または大学院に在籍していること(休学・ギャップイヤー可)。 現時点で高校3年生であっても、応募時に進学先が決定している場合、応募が可能です。学年・専攻・大学所在地不問。

■ 役職

役職にはA〜Gの7種類があり、うち5役職はセミナー作りを兼任することができます。
また、運営メンバーはすべて地域(後述)に配属され、その地域でサマースクールを過ごします。役職と配属地域に直接的な関係はありません。詳細な業務内容に関しては、下の役職タブを御覧ください。

役職

セミナー作り

概要
海外大学生と2人1組になります。期間前には、海外大生と連絡を取り合いながらセミナー(サマースクール期間中に高校生に向けて英語で行なう少人数授業)の準備を行います。期間中にはセミナーに参加し、内容を逐次翻訳したり、咀嚼して説明したりすることで、高校生の理解度を高めます。
仕事内容(詳細)
海外大学生とのセミナー準備
セミナー中、高校生の理解を助けるための翻訳・サポート
サマースクール期間中のペア海外大学生に対するサポート

A) プログラム

概要
プログラム担当は、サマースクール本期間中のコンテンツを企画します。HLABとして掲げる理念を担保しながら、各地域の独自性も打ち出していきます。
仕事内容(詳細)
セミナー以外の企画(ワークショップ、開/閉会式など)の設計、運営 タイムテーブル管理
サマースクール全体のコンセプトマネジメント

B) 執行

概要
執行担当は、①日本側大学生、②海外大学生、③高校生 の3種類の参加者に対し、情報提供・事務作業・サポートを行います。仕事内容は分担して行います。
※ セミナー作り との兼任を基本とします。
仕事内容(詳細)
大学生研修の設計、運営
海外大学生のビザ取得、スケジュール管理
高校生選考および高校生・保護者への連絡
プログラム・イベント後のアンケート実施
参加者に対する医療対応
その他、参加者全員のサポート

C)財務

概要
財務担当は、①資金調達、②各地域予算の管理・運営、③運営メンバーの経費関連事務 を行います。全役職・担当と打ち合せをしながら予算の配分などを行い、サマースクールの成立をサポートします。
※ セミナー作り との兼任を基本とします。
仕事内容(詳細)
民間団体・県への渉外、資金調達
予算の管理・運営
領収書・立替精算書の回収・整理、月末経費の割り出し、決算書の作成
期間中の食事管理
物品の管理

D)広報

概要
広報担当は「HLABの顔」として、高校生や保護者様にHLABの魅力を伝える役割を担います。各地域・都市で行う説明会、高校での座談会(高校生と大学生がサマースクール前に交流できる機会)の企画及び実施を行うほか、オンライン広報、メディア対応なども行います。
※ セミナー作り との兼任を基本とします。
仕事内容(詳細)
高校生説明会・座談会の企画
全国の高校への企画案内
Wordpress・HTMLを用いたWebサイトの運用
TwitterやFacebookを用いた、SNS広報
メディア対応(新聞・テレビ・雑誌・オンラインメディアなど)
プレスリリースの作成
優遇するスキル
以下のスキルがある方を優遇いたします。
  • WordPress・HTMLを用いた記事(ブログ)の執筆経験
  • Adobe Illustratorを用いたデザインの経験
  • 写真撮影の経験
  • Google Analyticsを用いたアクセス分析の経験

E) クリエイター

概要
クリエイター担当は広報担当と協力しながら、広報用資料やグッズの企画・作成、Webや映像を用いた広報活動を行います。運営メンバーと情報の受け手(高校生・保護者・企業など)をつなぐ存在として、デザインを中心とした制作活動を行います。
※ セミナー作り との兼任を基本とします。
仕事内容(詳細)
広報用資料(ポスター・チラシなど)、オリジナルグッズ、年次報告書などの作成
動画や画像を用いた、Web広報の素材の作成
応募時注意
可能な方は、ポートフォリオをご提出ください。(デジタル・アナログなど形式は自由。
優遇するスキル
以下のスキルがある方を優遇いたします。
  • Adobe InDesignなどのソフトウェアを用いたDTPの経験(冊子の企画・制作)
  • Adobe PremiereやFinal Cut Proなどのソフトウェアを用いた動画制作の経験(企画・撮影・編集)
  • 写真撮影の経験(デジタル・フィルムは問わない)
  • Adobe Photoshop・Lightroomを使用した経験
  • WordPress・HTMLを用いたWebサイトの運営・構築経験
  • Google Analyticsを用いたアクセス分析の経験

F) 撮影(写真・映像)

概要
撮影担当は、サマースクール本期間や報告会において、全てのイベントに密着して写真や映像の撮影を行います。特に映像担当は、サマースクール最終日に上映されるエンディングムービーを作成します。
(過去のエンディングムービーはHLAB公式YouTubeアカウントに掲載しておりますので、そちらをご参考ください。)
仕事内容(詳細)
写真担当:サマースクール本期間、 報告会などでの写真撮影
映像担当:サマースクール本期間での映像撮影・エンディングムービーの作成
応募時注意
写真・映像担当を希望される方は、ポートフォリオの提出が必須です。(作品数・形式自由)

G) IT

概要
HLAB内外において集められた情報を回収し分析することで、仕事環境の効率化や広報戦略の精緻化を行います。 ※ セミナー作り との兼任を基本とします。
仕事内容(詳細)
なお、以下のスキルがある方を優遇いたします。
  • Google Analyticsを用いたアクセス分析やSEOの経験
  • Pythonなどのプログラミング言語を用いたデータ分析の経験

選考の流れ

my.HLAB(https://my.h-lab.co/)にて必要事項をご登録の上、アカウントを作成して下さい。
my.HLAB上部のメニュー「応募メニュー」をクリックし、「HLAB 2018 運営メンバー応募フォーム」を選択、必要事項を記入したのち選考問題に解答してください。

■ 選考問題
  1. HLABの活動への一番のモチベーションは何ですか。<300字以内>
  2. 高校生時代の自分にメッセージを送るとしたら、何と伝えますか。<300字以内>
  3. あなたにとって理想の組織とはどのようなものですか。<300字以内>
■ 選考スケジュール

冬季、春季、夏季の3期にわけて選考を行います。
冬季選考でのご応募を強くおすすめします。

1. 冬季選考(採用枠:約70~80名)

希望できる役職:A)〜G) すべての役職
12月25日(月):Early Action *1締め切り(日本時間23時59分)
1月31日(水):Regular Decision *2締め切り(日本時間23時59分)
2月17日(土)・2月18日(日)・2月19日(月):対面面接
2月26日(月):結果発表
*1 Early Action締切までにご応募頂いた方: 2017年12月25日までにご応募頂いた方を指し、別途メールにて対面面接日を調整させて頂きます。
*2 Regular Decision締切までにご応募頂いた方: 2017年12月25日〜2018年1月31日の間にご応募頂いた方を指し、原則として上記の対面面接日に面接を行わせて頂きます。
※東京都内の会場で面接を行います。
※遠方や海外にお住まいの方はSkypeでの面接も可能です。

2. 春季選考(採用枠:0~10名)

希望できる役職:A) プログラム のみ
4月6日(金):締切(日本時間、23時59分)
4月14日 (土)・15日(日):対面面接
4月22日 (日):結果発表
新入生活・就職活動等の事由により、5月頃まで多忙な方のための選考です。
A)プログラム 希望者限定、またごく若干名の採用となっておりますのでご注意下さい。
なお、海外留学中でも3月頃からリモートワークを行なう運営メンバーは例年多くおります。留学中の方はぜひ、冬選考にご応募ください。
※遠方や海外にお住まいの方はSkypeでの面接も可能です。

3. 夏季選考(採用枠:0~5名)

希望できる役職:未定
6月1日(金):締切(日本時間、23時59分)
6月9日(土)・10日(日):対面面接
6月17日(日):結果発表
ごく若干名の採用となっておりますのでご注意下さい。過去HLABに参画経験のある方を中心に募集していますが、未経験でもご応募頂けます。
※遠方や海外にお住まいの方はSkypeでの面接も可能です。

■ お問い合わせ
応募についてのご質問は、apply@h-lab.coまでご連絡ください。
本ページの記載内容は予告なく変更する場合がありますので、ご了承下さい。

SEMINAR LEADERS

概要

For those who are interested in Seminar Leaders Recruitment, please visit this page first: http://teach.h-lab.co

Lectures form one of the core activities of HLAB. Seminar Leaders are paired with Japanese college students (House Leading student) who form a team that will, together, spend several months preceding the program in planning out a seminar on a topic of their choice to be delivered in English. During the program, Seminar Leaders will not only teach in these seminars, but will interact closely with the high school participants as their mentors. If you are interested in teaching and interacting with Japanese high school students, becoming an Seminar Leader in HLAB will provide a great experience. ※ House Leading is one of a position for Executive Committee members. Every House Leading student will pair up with a Seminar Leader to create a group, or “House”, consisting of between 5-8 high school students, size being dependent on the region. House Leading students are particularly responsible for allowing students to gain as much experience as they can throughout the program. During the seminars, for example, House Leading students will be in the position of supporting the communication between Seminar Leaders and the high school students to avoid misunderstanding of context arising from language and/or cultural differences.

応募要項

HLAB 2016 is recruiting Seminar Leaders with the following qualities mentioned below.

■ Ideal Role Model 
- One who can serve as a role model for the high school students during the program by being able to accept and stay open-minded to different expectations, ideas, and views.
- One who is willing to participate in, and hold responsibility for managing activities projected by the program.
- One who is not only capable of leading the team by completing the given tasks, but is also willing to go beyond his/her duties by holding respectable attitudes in support of others
■ Commitment
Other than the notable characters briefly discussed above, HLAB is also looking for students who are willing to commit to the following:
- Full participation throughout the duration of the summer school (August 11th ~ August 25th 2016) 
- Communication/contact with members of HLAB overseas prior to the program and its preparation.

■ Schema
A)Seminar Syllabus
Seminar Leaders are required to do the following:
- Create a Syllabus (Template and reference to past syllabi will be provided)
- Seminar Preparation (Provide PPT Presentation/ document materials)
- Contact with Partner (House Leading student)

B)Training Sessions
- Training held by the HLAB’s Executive Committee
Learn about HLAB’s goal by understanding the program’s preface, “about seminar” description, and Manaba usage via e-mail and video.
- Training held by Columbia University (Symposium Asia)
All university students outside of Columbia University will receive teaching guidance via video.

C)Survey
Before taking part in the program, one must answer surveys which may include but may not be limited to:
- One’s health, goods, and any other related issues that may arise during the summer school program

D)Registation for VISA
VISA Registration will be required for participants from overseas.
- Once qualified, an HLAB advisor will help with registration procedures in obtaining a VISA, if applicable.

■ Others
- Eligibility: Any international college students under master’s degree is eligible in applying to the program.
※If you are a graduate school student, please contact us (hlab.sl.info@gmail.com) first.
- Regional Choice: Due to application procedures there is a possibility of being selected for a region outside of your first choice.

■ Subsidies
- Outside of summer school period (Intro and Outro period): Only transportation fees will be covered. (Up to $400)
- During the summer school period: Accommodation, food expenses and transportation fees will be covered.

役職

選考の流れ

■ Application Procedure
- First Screening: Application Form (http://goo.gl/forms/kgMyExLPXh) must be completed, and resume and syllabus sent to hlab.sl.info@gmail.com by:
February 21st 2016 (1st Application Period) or March 6th 2016 (2nd Application Period).
- Second Screening: Interview via Skype, date and time to be confirmed individually.
Result will be notified by March 12th 2016 via e-mail.
※ For any inquiries with regards to application procedure: hlab.sl.info@gmail.com
※ Interviews and places may be given on a rolling basis.

《With regards to e-mail’s subject and file names》
To avoid applications being automatically sent to spam, please use:
“Full name_HLAB 2016 SL Application” for the subject of the email, and
“Firstname_Lastname.docx” for the name of the file attachment.

Example: In the case of John Smith:
“JohnSmith_HLAB 2016 SL Application”
“John_Smith.docx”

Please re-send the application form to the same e-mail address if there is no response from the HLAB team within 24hrs.
We look forward to receiving your application, and to working with you in the near future!
TOPに戻る