プログラム

多様な人が集い、語り合う、寮生活こそが、「リベラル・アーツ教育」の本丸です。 そんな寮生活を再現することで、HLABは「ピア・メンターシップ」の機会を創出します。
「ピア」とは、自己を投影できるような、近い世代、身近なロールモデルのこと。

世界中から一歩先を歩く大学生や社会人の先輩、そして、高専、インター、地方、様々な背景から集まる同期。国境も、言語も、世代も越えて、互いが互いの「メンター」となれる教育環境を提供するのが、普段の学校とは一味違うサマースクール、HLABです。

そこにあるのは、「授業」からの学びではなく、「人」からの学び。

タイムライン例

(過去の例)

全国共通プログラム

セミナー

リベラルアーツ・セミナーは、高校生により幅広く自己の関心を探してもらうリベラルアーツの根幹となるプログラムです。ハーバード大学を初めとした 海外大学の学生(以下:セミナーリーダー)が中心となり、各自の専攻や最も興味のある分野において、高校生を対象としたセミナーを設計します。文献や作文等の事前課題含め、セミナーは全て英語で行われますが、各セミナーリーダーには、日本語と英語が堪能なバイリンガル学生であるハウスリーダーがペアとして付きます。セミナーの中の通訳等の語学面でのサポートや、セミナー設計の補助を行います。より深い理解と学生の積極的な参加の場を追求するため、授業は少人数で行われます。

フォーラム

各日午後の時間帯には、政治、経営、物理、芸術等様々な分野のトップで活躍されている有識者の方々をお招きし、御自身のライフストーリーを含む「今、高校生に伝えたいこと」をテーマにご講演頂き、質疑応答を行いました。講演で語られる彼らの経験や、熱いメッセージを通して、参加者にとって新しい価値観との出会いや将来を考察するきっかけとなることを目的とします。

フリーインタラクション

フリーインタラクションは、サマースクールに社会人ゲストの方々をお迎えし、大学生、高校生との対話を創出する場です。
個性豊かなバックグランドや、多様なご職業、ご専門を持った方々と、世代を越えた交流を行います。高校生がより幅広い視野を持って自分の興味関心を考えるきっかけとなることを目指します。また、それぞれの分野に精通した人々による生の声を、より近い距離でお話を聞くことができます。日頃なかなか出会うことができない方々と、肩書き関係なくざっくばらんに交流ができる場を提供しています。

ワークショップ

自らの能動性を思う存分発揮し、参加者が協同で学びを得るのがワークショップです。参加者間の交流や日本文化の理解を共通の目的としながら、各開催地の特色を活かしたワークショップを実施します。

その他のプログラム(過去の例)

自己分析ワークショップ(2015 東京)

過去の経験や体験を振り返り、「自分はどんな人なのか」を考えるきっかけをつくるワークショップです。自己分析ワークシートを使って高校生同士でペアを組み、自分について話す場を設けました。最後にはグループで相手のペアが自分のことを熱く語り、自分を客観的にも見つめなおす機会となり、また新たな高校生間の交流の場を創るきっかけにもなりました。

SHOKU ワークショップ(2015 小布施)

「働く」とはどういうことなのか、またこの世の中にはどんな仕事があるのかを高校生が知ることを目的としたワークショップ。社会で活躍されている8名のゲストをお呼びし、ゲストの方々が提示するお題に対してグループで取り組み、ディスカッションを通し自分達なりの答えをまとめ発表をしてもらいました。高校生からは「こんな仕事があったなんて知らなかった。」「自分が将来働く姿が少しだが想像できた。」などの声が聞かれました。

タレントショー(全国)

タレントショーとは、セミナーなどでは見えにくい高校生の特技(タレント)に焦点を当てショー形式で披露してもらうことで、普段とは違うお互いの意外な一面を知り相互理解を深めてもらうことを目的としています。ショーでは、ピアノ・漫才・リコーダー・パントマイムなど幅広いタレントが高校生から披露され、お返しに大学生からはダンスが披露されました。このタレントショーを機会に高校生間の打ち解けもさらに一層進んだようでした。

myHLAB(2015 東北)

myHLABとは、高校生と大学生とを対象にした企画です。女川小学校の体育館で実施されました。この企画の目的は、「大学生と高校生が、自分の進路選択や人生設計について考え、対話する場を設けることで、お互いから学び合う大切さに気づく」というものでした。myHLABのなかでは、自分の高校生の時の経験を話す大学生や、今自分が悩んでいることを話す高校生などが多く見受けられました。2時間を予定していた企画でしたが、予想を超える盛り上がりを見せ、1時間延長する形で終了しました。

過去の様子

TOPに戻る