ニュース

TOMODACHI レセプション

2016.03.10

初めまして、HLAB TOHOKU 2016のサマースクールを運営する下田藍丸です。

先日はTOMODACHIイニシアチブがお送りする東日本大震災から5年間を振り返るレセプションにご招待をいただいき、参加致しました。

会場のアークヒルズクラブでは米日カウンシル会長のアイリーン・ヒラノ・イノウエさんからTOMODACHIの過去高校生参加者まで様々な方々がいらっしゃいました。

開会式では三菱商事小島順彦会長がこんなことを語りました:

「被災地で次世代を担う若い方々がアメリカの同世代の方々と交流を深めることによって被災地の復興へ向けた知恵やアイデア、そして人と人のつながりを通じた元気を得て欲しいと思い、TOMODACHIへ支援を続けています。」 
          
このお言葉をいただきHLAB TOHOKUが「今」必要であることに確信を持つことができ、今後、我々がどのような形で東北の未来を支えていくか深く考えさせられました。

HLABは単に高校生を対象としサマースクールプログラムではありません。HLABは教育の未来を意識し、現在社会が抱えている多種多様な問題をもとに高校生にたいして、一週間真剣に自分と向き合える、新たな気付きの場であります。

これを目標とし去年から関わり続けていただいたTOMODACHIイニシアチブからご支援をいただき本当に感謝しております。そして今後も何卒、宜しくお願い致します。

HLAB TOHOKU 2016 運営委員長 下田藍丸

12822743_10206490906097028_2111809970_o

TOPに戻る