ニュース

徳島説明会を開催致しました

2016.04.28

IMG_2177 2 (1)

皆さんこんにちは。

HLAB TOKUSHIMA 2016 広報の川端明日香です。

先日、4月16日、17日の2日間の日程で徳島説明会を実施いたしました!

2日間合わせて80名の方に参加していただいた、その模様を少しご紹介させていただきます。

会場は徳島駅前、シビックセンター。

東京から実行委員3人、関西や徳島県内の大学に通う実行委員3人の合計6人で説明会を開催いたしました。

会場に着くやいなや、大学生の中に走る緊張感…。

予想していたよりも、はるかに大きな会場に「ちゃんと人が来てくれるのだろうか…」と、焦り出す大学生…。

運営委員による企画説明などを行ったあと、 昨年度HLAB TOKUSHIMA  2015に参加していた増田欣己君が登壇し、昨年の経験談を話してもらいました。

欣己君、話がうまい!!!!どの大学生よりも、熱意のこもった経験談を話してくれました。

ありがとう、欣己! 大学生一同より。

欣己君の話には

・  HLABはいろいろな人の多種多様なストーリーが集まる図書館のような場所

・  おもいっきり人生をデザインしてやろう!!

・  HLABを通して成長したのではなく、HLABのおかげで、成長のためのスタート地点に立つことができた。

などなど…。

今年初めて運営に関わらせていただく私にとっては「何があるのだHLAB!!」という気持ちになっていました。笑

欣己君の他にも、16日・17日の2日間で7人の高校生がお手伝いに来てくれました。

過去参加者の高校生が、たくさんの同級生にHLABを紹介してくれていたらしく、ところどころで「あー、〇〇くん!」といったやりとりを見ることが出来ました。

HLABを経験した高校生が、友達にHLABを紹介し、広がっていくコミュニティ。また、HLABで出来たコミュニティを軸として、新たな活動を始めようとする高校生。高校生だけでなく大学生自身も、それぞれがそれぞれの分野で成長し、そうして築きあげられたストーリーが「HLAB図書館」に蓄えられていく様子を、早くも目の当たりにしたような気持ちでした。

発表会の最後には、高校生選考に関して吉野有輝より説明をさせていただきました。会場の雰囲気は一変し、中には携帯でスライドの写真を撮る方も。(スライドの文字が小さくて申し訳ありませんでした…!)

説明会のあとは、お手伝いをしてくれた高校生達とのランチ。

進路の話、将来の話、大学の話など、とても有意義な時間を過ごすことが出来、高校生にとっては、あの夏のサマースクールは決して1週間で終わるイベントではなく、スタート地点だったのだな、と実感しました。

2015年のサマースクールはまだまだ終わっていない!これからも続いていくのです!

 

2016年のサマースクールが今から楽しみです!

 

川端明日香

TOPに戻る